病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > 医師転職

スキルを磨くための医師転職の項目

スキルを磨くための医師転職

これから医師転職を行うという人の中には、現在の仕事に満足できていない部分があるという事が多いでしょう。自分のニーズをしっかりと満たした環境を見つけるのは、簡単ではないかもしれません。転職先の情報をしっかりと集める事が大切です。

そして、できるだけたくさんの求人案件を見て比較して見ると参考になるかもしれませんね。その中で自分にふさわしい病院を選択するといいでしょう。

面接などで職場を実際に訪問する機会がある時には、求人票などからは知る事ができない様な、雰囲気などをチェックしておきたいですね。

医師転職支援サイトなどを利用している場合には、コンサルタントの人に聞くといいかもしれませんね。

若い医師を中心にスキルを磨きたいという人は多い様です。現在の職場では思った様なスキルを身につけるのが難しいという場合には、医師転職を行なうという方法もあります。若い間しか身につけるのが難しい事もあります。

特に体力が必要な仕事や下積みの様なきつい仕事は若い間しか経験するのが難しい事もあるでしょう。今後のためにもぜひ身に付けておきたいというスキルがあれば、思い切って医師転職を行なう事で道を開く事ができるかもしれませんね。

経験が浅い若い医師は医師転職がしやすい様ですが、年齢を重ねてからだと厳しくなる事もあるようです。若い医師は積極的にスキルを身に付けて、医師として早く一人前になりたいですね。

医師転職活動についての記事

医師転職の需要について

多様化する医療現場において、医師の転職活動も大切なものとなってきます。転職活動に時間をかけず転職先を決めてしまうと、失敗の原因にもなってしまいますので見極めていくことが大切です。いずれにしても、成功の一番近道となるのが医療現場専門のエージェント会社を頼ることです。

優良な担当者制であることや、非公開の求人募集の紹介などがありますので、医師転職サポートサービスの満足度は高いと言われています。

医師転職を望む医師の現状と適正能力をヒアリングし、条件にあった病院を代わりに探しマッチングして下さいますので、まずは利用してみることが大切です。

メニュー

医師転職で交通費別途支給される病院

医師転職で地方の診療所に通うことになった際は、通うのに車で40分近くかかることもあります。そのため、診療所で働いていると、交通費別途支給される可能性が高いです。ただ、仕事のほうは訪れるお客が少ないので、のんびりできるのが特徴と言えます。時々急患が来る場合があるので、油断はしてはいけません。

他にも近くに温泉がある病院へ医師転職で勤めることになると、電車や車で行くのに1時間近く必要となります。訪れるお客は湯あたりしたお客、または二日酔いの患者などが多いので、それほど忙しくないので楽ができます。繁盛している温泉地の場合だと、夜勤があることもあります。

それぞれの病院によって周辺環境や患者の傾向の違いなど様々ですので、あらかじめ調べて知った上で医師転職を考えてみましょう。

医師転職を専門に紹介している企業がある

医師転職をサポートする為に、専門的に紹介している企業があります。専門的に扱っているので、とても多くの募集事項があり、医師の働きたい環境や、地域が選択できるようになっています。専門なので、転職のアドバイスなどももらえますし、業界を深く理解しているので、とても心強いです。

ネットで多くの募集を行っているので、医師転職を考えている方は、ネットで検索してみてください。しかしながら、本当に要項通りに働けるのかどうかは、しっかりと確認する必要があります。実際に働きだすと、全然関係のない仕事をさせられることもあるので、注意が必要です。

医師転職における不安と改善方法

医師が転職する理由については、さらなるキャリアアップのためや、単に自宅から近いから、或いは開業の準備としてなど、様々な目的があります。

しかし、これは医師転職に限ったことではありませんが、転職には様々な不安も付きまとうものです。

医師転職においては、次の現場でも自分の腕が通用するかや、職場の雰囲気に合うかどうか、勤務形態が変わることによって体調管理などは上手くいくか、などが挙げられます。それでも、医師はこれまで様々な体験をし、知識と経験を培ってきたはずです。そのため、入った当初はなかなか慣れなくても、自分を信じてさえいればすぐに適応することができるでしょう。

医師転職を切りだす時には

医師転職を考えており、就職活動もして、無事決まったら後は今の職場に転職をすることを伝えなければなりません。退職する時には様々な書類を記載したり、制服を返却したりといった形でやることが非常に多いので余裕をもって上司に伝える必要があります。

少なくても1カ月前には宣言してしまうことをオススメします。特に有給を全く消化しておらず1ヵ月以上残っているような人に関してはもったいないので3ヶ月前くらいに伝えて、残っている有給全て消化できるようにしてみてはいかがでしょうか?有給であればその分の給与を受け取ることもできます。

ひろしま県民テレビ(平成28年9月14日)へき地医療

広島県広報番組「ひろしま県民テレビ」

公開日:2016/09/14

命を救う 実録コードブルー 千葉北総病院・ドクターヘリ密着

救命救急ドキュメンタリー

公開日:2019/11/12