病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > 医師転職 > 増え続ける医師不足

増え続ける医師不足

不景気で雇用が焦げ付いているなどと言われいますが、医師求人は逆に増え続けているのが現状です。

だからといって、就職して希望に合わないからといって直ぐに辞めてしまい、また次の病院での勤務先を探すということは望ましくありません。

いくら、転職先があるからと言っても、短期間に転職を繰り返すと好条件での就職は難しくなってくるのが現状ではないでしょうか。

また、医師不足の病院が多いため、勤務形態が過酷になっている病院もありますので、しっかりとその病院の状況を調べてから転職することが必要です。

一般病院の医師求人について

医師求人を目にしているという事は近い将来現在の病院とは違う場所で活躍する気持ちがあるという事です。

医師求人はとても多いので、医師は好きな一般病院などから選ぶ事ができるので良い立場にあります。ただし、現場を去るという事は医局を辞めなければならないわけです。一度辞めてしまうと年収や勤務の条件が優遇されるようになりますが、人事において切り出すのはハードルが高いと言えそうです。

そこで、医師求人を見るために検索サイトを使う時は、医局をやめる事に対してサポートしてもらえるサイトを選ぶ事も重要になるとされています。

医師転職活動についての記事

健診医の医師転職における様々なポイント

健診医の場合、全国の幅広いエリアにおいて比較的多くの求人が存在しますが、希望する医師が大変多いので、早い段階で採用者が決まってしまう点が特徴です。そのため、医師転職を検討している場合には、できるだけ早めに情報収集を行うと共に、気になる求人を見つけた際には積極的に応募することが重要です。

健診医に関する求人を見つけるためには、医師転職に特化したサイトへの会員登録が有効です。希望条件を登録しておくことで自分に合った求人を素早く把握できます。

また、ホームページ上では公開されていない非公開求人も把握可能なので、よりスムーズに医師転職を行えます。

条件交渉を伴う医師転職

求人票を見て、気に入った医療機関が見つかったがそのままの条件で医師転職をする事は難しいという場合には、条件の交渉を行った上で医師転職をする人もいます。医師転職をする時には自分自身で交渉をする事もできます。

しかし、医師転職ではこれからお世話になる職場の人に対して、言いにくい事を伝えないといけません。そのため、医師転職の際の条件交渉は、転職をする本人が直接行うのではなくて、コンサルタントが代わりに行う事もあります。取り分けてお給料に関する事というのは、交渉が難しい事もあります。どこまで交渉を行うのかという事については、最初に考えておくと交渉がしやすくなる事もあります。

メニュー

考えるべき医師転職とは

医師として勤務を続けながらも、現状の環境に問題がある場合や、自分の目的などと両立させたい時、さらに収入アップやキャリアアップを目指すなど、医師転職を考える方は多く存在することでしょう。

インターネットを上手く活用することにより、医師転職求人として募集されている医療機関を探し出せることはもちろん、勤務時間や雇用形態など、自分の希望条件に合わせて選び出すことが可能となります。

ウェブサイトによっては、応募に至るまでの医師転職サポート環境が整えられている場合もあり、応募に必要な書類などの知識、さらに面談に向けての相談業務などが取り扱われています。

医師転職をエージェントで探すデメリット

最近では医師転職なども転職専門のエージェントや職業仲介所が沢山出てきており、そういった所を使用することも自分の負担を軽くするためには大事になってきます。しかしこちらを使用するデメリットがあることも事実です。

どういった所なのかというと、自分の担当についてくれた人が、自分の考えを理解してくれる人限らないという点です。特に転職しようか迷っている時には、大体進めてくる人が多いです。

(自分たちの職が仕事紹介なので)しかし本当に転職した方がいいのかは自分で決めることで相手に押し通されるようなことではありません。そういった意見の違いがストレスになることもあります。