病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > お線香 > 和の香りとして、香木や線香、お香などが挙げられます

和の香りとして、香木や線香、お香などが挙げられます

この中で線香は、仏前を清めるものとして使用されるので、普段の生活の中で気分をリフレッシュする目的などで使用するということはあまりありません。

香木は、良い香りを持つ木のことで、伽羅、沈香、白檀の3つの種類があります。どれもやさしく穏やかな香りがします。香木は小さく砕いたものを焚いて使用します。

お香は、線香と似ていますが、お香は香りを楽しみ、リラックスするために使用するものです。最近は、スティックタイプのものなど使いやすいものが多く販売されているので、手軽に使用することができます。

香木や線香、お香は用途や好みに合ったものを選びましょう。

ご焼香や渦巻き線香、桐箱に入った贈答用線香も扱っています。お線香お香通販。線香やお香の専門店薫りショップへ。http://www.kaori-shop.net/

お香、お線香の記事

最近人気のお香の香源とは?

お香と言うと、最近はアロマと同じように捉える方がいますが、厳密には違います。どちらも様々な香りがあり、リラックス効果などの効能があったりしますが、それぞれ香源が違います。

アロマオイルの場合は花や植物から抽出した精油ですが、お香の場合は香木が原料です。有名な香木と言えば、ヒノキや白檀です。

昔は焚くことにより香りを衣類などに移し、香水代わりに使っていました。このように植物由来の香りということではどちらも似通っていますが、香源は精油と香木で大きく異なります。そしてアロマのように親しまれ始めたのはつい最近のことです。

お香の材料である香木とは

いい香りで心も体も癒してくれるお香。この香りは香木からきています。その名の通り良い香りのする木のことですが、実は健康な木からこういった香りはしません。不健康になった木が自分を守ろうと樹液を出すことがあります。

自らの命を守るために出した樹液に良い香りがすることがあり、この部分を切り取ったものが香木で、これを材料にして作ったのがお香なのです。

木が大きく成長するまでは時間がかかりますし、さらにそれが何らかの理由で不健康状態になり、なおかつ樹液を出してよい香りになるという過程を経ないといけないので、かなりの時間がかかります。

さらにすべての傷付いた木からいい香りがする樹液が出るわけではないので、大変貴重な存在となるのです。

メニュー

早春に供えたいお線香・白梅

最近では、お線香の香りも実にたくさんの種類を見かけるようになりました。そんな中でも人気を誇る香りが白梅の香りです。春が来たことを告げるように可憐に咲く梅の花。

そんな姿を再現したように、白梅のお線香は甘酸っぱいフルーティさと柔らかなフローラルの香りを備えていて、さらにはまだ早春の寒さを感じるような透明感あふれる上品な香りを届けてくれます。

お墓や仏壇に供える以外に、ルームフレグランスとしてもお使いいただける香りです。

一年を通して供えたい香りですが、やはり春のお彼岸の頃が一番似合う季節ではないでしょうか。お線香を通して日本の四季を感じるのも、また素敵なことです。

お香の燃焼時間はさまざま

お香と一口に言った絵も様々なタイプがあります。古くは仏教伝来とともに伝わった香木を焚いたものや、直接衣服に香を焚いたものなどがあります。

現在では直接火をつける先行型のものが主流となっていて、原料も白檀や伽羅といった香木の粉末やほかの香料、炭の粉末、その他の材料を練り、成形、乾燥させたのもが一般的です。お香の種類は三種類で、コーンタイプ、スティックタイプ、渦巻きタイプのものがあり、それぞれに燃焼時間に違いがあります。

一番時間が長いのが渦巻きタイプなので、長時間使用するときや、広い部屋で使用するのに向いています。逆にコーンタイプのお香は燃焼する面積が大きいので、瞬時に香りが広がりますが、その分時間は短くなります。

風水のお香で運気を上げよう

皆さんのご自宅でお香を焚くことはありますか?実はお香には風水によって運気をアップさせる効果があるのです。

では、ご自宅でお香を焚く際に効果的な場所はどこなのでしょうか。

まずは玄関。お香は臭い消しにもなりますし、玄関は気が入ってくる充当な場所ですので、清めましょう。次にトイレです。トイレはその家の健康運に大きく関わってきますので、嫌な臭いを取り除きましょう。

最後はリビングです。過ごす時間の多いリビングルームは知らず知らずのうちに悪い気がたまっていることがあります。お香の良い匂いでプラスのエネルギーを取り入れるよう心がけましょう。

日本で使われている線香について

線香は日本では、仏教と関連してお墓や仏壇にお供えとして用いられる使い方が一般的です。香りは従来のものに加えて、最近では花や香水の香り、またコーヒーなど嗜好品の香りも出てきて様々な種類があります。

またくゆらすのも部屋の気になるにおいを消したりよい香りをつけるといった目的が増えたり、香りが心や気持ちに影響を与えることからヒーリンググッズとして使われることも増えてきました。線香の形はその名前が示すようにもともと細長い線状のものですが、燃焼時間を延長させるために渦巻き状のものもあります。蚊よけに作られたものはその一例です。

仏壇に線香をあげる際のマナー

お線香をあげる行為には、自分の身とその場を清めるという意味と、仏様によい香りを供養する、という意味がこめられています。あげ方は、仏壇に軽く一礼してからロウソクに火を灯し、そこから火を移します。

そして線香を持った手と逆側の手であおいで火を消します。そのあと、香炉に一本ずつ立てます。このように、基本的なあげ方はどこでも同じですが、宗派によってはあげる本数などが違ってくる場合もあります。

また、浄土真宗では立てずに、適当な長さに折ってから香炉に寝かせるという方法で行います。よその家であげる際には、事前にどこの宗派か確認しておいたほうが確実でしょう。

スティックとコーン三角のおすすめのお香焚き方実践

日本香堂のかゆらぎのお香を焚いてみた

公開日:2019/05/08

無印のお香ってぶっちゃけどうなの?白檀と沈香の線香を焚いた感想!

無印良品で売られているお香の中から白檀と沈香を実際に焚いて、どんな感じなのかレビューしてみました。

公開日:2017/11/29