病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > 個人再生とは > 返済額を縮小できる個人再生

項目

返済額を縮小できる個人再生

このままの返済額では完済する事はできないと思われる場合でも、減額してもらう事ができて、少しずつであれば返済を続ける事ができそうだという場合には、個人再生が行われる事もあります。

個人再生を行うと返済の負担を大きく軽減する事ができます。個人再生は自己破産の様に一発で解決できるという分けではありませんが、住宅を維持したまま解決する事ができます。

個人再生をした方がいいのか、もしくは自己破産をした方がいいのかという事については、弁護士など借金を専門としている法律家に相談する事で、アドバイスをいただく事ができます。個人再生は、どうする事もできなくなってしまったという人の解決策となります。

所得も重要な個人再生

返済しないといけない金額は縮小されるものの、このまま返済を続ける事になる個人再生は、所得がしっかりとあるという事が大事になります。個人再生の際には、収支の状況などを法律家や裁判所に知らせる必要があります。

もし、個人再生を行った際に返済する能力がないと判断された場合には、個人再生ではなくて自己破産となってしまう事もあります。個人再生を希望しても、常にその通りになるかどうかという事は分かりません。

状況による部分もあります。借金については、返済ができなくなってからではなくて、このままでは返済ができなくなりそうだという時点において、早く相談を持ち掛けて対処するという事が大事です。

個人再生の記事

借金総額と個人再生

自己破産は借金の総額に関係なく行う事ができますが、個人再生の場合には借金の総額が関係していますので気を付けないといけません。個人再生をするためには、借金総額が5000万円以下である必要があります。

複数の金融機関から借入をしている人や、総額がいくらか把握できていない人は、個人再生に早期に着手する事をおすすめします。そんな大金は借りていないから個人再生はできるだろうと考えている人の中にも、利子などで知らない間に超えてしまっているという事も考えられます。また、仕事をしていない人は、支払いを続けていないといけない個人再生を行う事はできません。誰でもできる分けではないという事を知る必要があります。

メニュー

保証人に相談したい個人再生

借金をした本人が、自分の都合だけで個人再生をしたいという事もありますが、事前に保証人に個人再生を行う事について相談しておいた方がいいでしょう。というのも、債務者が個人再生を行うと、残りの借金については保証人が肩代わりする事になります。

そのため、個人再生を行うと、保証人に迷惑がかかってしまう事もあります。個人再生を行う際に、何の話もない場合には保証人となった人は戸惑う事になります。話合いをして今後どうしていくのかという事について、相談しておく様にしましょう。家族などが保証人となっているケースも多く、大切な人に迷惑をかける事になってしまいます。支払いが厳しいなら、早く相談しましょう。

弁護士なしでは大変な個人再生

弁護士は欠かせないという分けではありませんが、個人再生を行う際には法律家なしではかなり大変だと感じる事も多い様です。個人再生は債務整理の中でも、かなり深刻な状況を打破する事ができる解決方法となります。

また、個人再生は裁判所を通した手続きが必要となります。そのため、個人再生を行う予定であれば、できるだけ弁護士を付けて行う事を検討してみるといいでしょう。弁護士の中には、個人再生の相談など借金に関する相談に関しては、法律費用を支払いやすい料金システムにしている事もあります。また、着手金を不要としていたり、最初に無料相談を利用できるとしている法律家もいます。詳細を調べてみましょう。

時間が必要な個人再生

手続きを開始しても、すぐに個人再生は完了する分けではありません。すべての個人再生に必要な手続きが無事に完了するまでには、長い時間がかかる事もあります。個人再生は法的な手続きとなります。

また、個人再生は法律家が必要な手続きを行うだけではなくて、裁判所を通した手続きなしでは完了しません。個人再生については甘く考えるのではなくて、どのくらいの時間がかかるのかという事について、把握しておきましょう。

しかし、予定より長くかかってしまうなどという事もあります。借金に関連する問題を解決するためには、遅くならない様に、解決に乗り出すという事が基本になります。時間的にはゆとりを持って進めましょう。