病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > 医師求人 > 医師バイト > スキルを磨くための医師転職 > 何としても成功させたい医師転職

何としても成功させたい医師転職の項目

何としても成功させたい医師転職

何としても医師は転職を成功させたいですね。

転職する事を思い立って、すぐにアクションを起こす医師もいる様ですが、中には長い時間をかけて転職の準備を行う人もいます。

今すぐに転職を希望する場合もあれば、数年後の転職を考えているという医師もいる様です。今の職場で医師として学べる所や吸収できそうな事はしっかりと勉強してスキルアップしておきましょう。

同じ医師という仕事であっても、仕事場が変わると前の職場で得た事をそのまま活用する事ができる場合もあるかと思いますが、中には大きく異なる部分もあるかと思います。最終的に少しでもいい結果となる事を目指して、事前にできる事はしっかりと行っておくようにしましょう。

駅徒歩10分以内の医師転職情報

通勤を重視して医師転職情報を探すときのコツは、駅徒歩10分以内の場所にある医療機関の採用情報を絞り込むことです。

特に最近では駅に直結したビル内に開業するクリニックも増えているので、職場までスムーズに通勤可能な医師転職情報も探しやすいです。

その中には皮膚科や眼科クリニックの医師転職情報もあり、これまでのキャリアを生かしながら、理想的な就職先を選べます。更に地域密着型の駅前のクリニックであれば、日勤限定で働ける上に残業も少なめです。完全週休二日制の医療機関も多いために、ワークライフバランスを考えた働き方も実現できます。

医師転職活動についての記事

大手企業への産業医転職について

産業医転職は決して珍しいことではありません。一般の病院勤務の医師に比べ医療行為を行うことは少なく、事務処理や企業のアドバイザーとしての業務が多いため、一見非常に楽な仕事の為になぜ転職するのかという疑問を持つ人も多いのですが、産業医は企業に雇用されているというところにそのポイントがあります。

産業医は企業の社員と同様、企業の規則を守ることが非常に重要になります。その為、医師として行いたいことについても企業の上層部の判断を仰ぐ必要があるのです。

特に大手企業に於いてはその決裁ルートが複雑であったり、上層部になかなか話が通らないということも多く、産業医転職をする場合には注意が必要です。

メニュー

医師募集での常勤の呼吸器内科について

医師募集は専門別で募集しています。医師募集の中で呼吸器内科は常勤で募集しています。常勤はその病院に常にいてる、会社員で例えると社員です。

年収は病院によって違います。勤務内容も外来、病棟、救急など病院によって違って医師募集しています。

全国で募集しているので、自分が転職したい場所や年収などで選べます。病院によっては呼吸器内科は、一般内科で募集しているところがあります。

自分にあった病院に勤務することで条件などを検討します。募集で多いのは呼吸器の内科は常勤で勤務できる方、当直可能な方などが医師の募集をしています。

医師転職において重要な勤務日数

医師転職を検討している場合、業務内容や年収だけでなく勤務日数にも注意を払う必要があります。医療施設では、一般企業と同じように週休2日となっている所だけでなく、4週6休や4週8休など、様々な勤務パターンの所が存在します。

そのため、前もって具体的な勤務パターンを確認することが重要で、勤務日と休日が何曜日なのかを把握し、状況に応じて医師転職希望先と交渉する必要があります。

勤務日数を重視しながら医師転職に臨む際には、転職エージェントが大変役立ち、詳細な条件交渉をスムーズに行えるため、自分のライフスタイルなどに合った勤務パターンで働けるようになります。

医師転職はネットから出来ます

医師転職の募集は、ネットで多くされています。高齢化社会で、病院などを受診する方は、増えていく一方ですが、患者を診る医師が不足しています。医師の数が足りないので、どうしても一人の医師に負担が大きくなってしまい、医師が働きにくい環境です。

病院やクリニックも、この現状を打開しようと、働きやすい環境を整えていこうとして、多くの募集をかけています。多くの医師に見てもらえるように、医師転職サイトに載せて働きたい人を探しています。

医師も自分のレベルアップの為や、環境を変えたくて医師転職する人が多いので、医師求人専門サイトなどをみて転職していきます。

年収を上げるための医師転職について

働いている人であれば、誰もが効率よく働ける事を常日頃から考えています。医師も例外ではなく、同じ勤務時間や形態であれば、給与を上げたいと思うのはごく自然なことであり、年収アップを目指して転職する医師がいるのも、当然の流れです。又、キャリアアップを目指して医師転職を実施する医師が、以前に比べて増えていることもわかっています。

検索サイトでは多くの医師転職サイトが募集をかけていますし、医療求人専門のエージェントやコンサルタントが存在し、病院とのマッチングを進めてくれるので、安心して転職を勧めていくことが可能となります。

都心の医師転職の実状について

都心の病院やクリニックにおいては、定期的に新規のスタッフの募集が行われることがあり、本格的に医師転職にチャレンジをするにあたり、説明会やセミナーなどの機会を活用することが有効です。

特に、患者からの評判の良い医療機関の取り組みについて、テレビや雑誌などでしばしば紹介されることが増えており、比較的若い世代の求職者にとって、魅力ある存在として捉えられています。

また、医師転職にぴったりの求人の選び方に関しては、初心者がスムーズに理解をすることが難しいため、同世代の人日との意見を聞き入れることが良いでしょう。

駅近くにある職場へ医師転職

少しでも通勤の際の負担を軽減したいと考えるなら、駅近くにある職場へ医師転職すると問題が解決する事もあります。

医師転職をする時には、通いやすいかどうかという事も考えないといけません。医師転職先の住所を調べるだけでなく、利用する予定の交通手段や通勤にかかる時間も大事です。

医師転職するにはいいと思う職場であったとしても、あまりにも通勤の負担が大きい場合には見送らないといけない事もあります。

すぐに職場に駆けつけないといけない事もあるこの仕事は、医師転職の時に短時間で到着できるという事は魅力的に感じられる事もあります。

採用が決まった場合には、毎日通勤する事になりますので重要となります。

週5日勤務となる産業医の仕事に医師として転職

今の職場とは異なり、産業医の仕事に医師として転職して新しい職場で挑戦したいという人もいるでしょう。

産業医の仕事に医師として転職するのであれば、週5日勤務の仕事を選択する事もできます。週5日勤務となる産業医の仕事に医師として転職すると、収入を安定させる事ができます。

産業医の仕事に医師として転職してしっかり働きたいと考えるのであれば、週5日勤務となる仕事を選択するといいでしょう。

産業医の仕事に医師として転職するのであれば、週休2日制である場合も多く、働く曜日や時間が安定している事も多いでしょう。

夜勤やオンコールなどがないというのは病院との大きな違いとなります。

経験がある医師による産業医への転職

多くの医師が産業医になるために、転職活動を行っている事でしょう。医師による産業医への転職と言っても、実務経験があれば、その経験を活かして仕事をする事ができます。

医師による産業医への転職については、経験があれば優遇してもらえたり、待遇が良くなったりする事もある様です。

医師による産業医への転職を行う際には、自分の経験に応じて職場を探しましょう。医師が産業医へ転職したいと思っても、最初から経験がある人はいません。

そのため、焦る事なく経験を積みながら、学ぶ事が大事です。そしてある程度仕事をこなせる様になると、そのまま仕事を続けるのもいいですし、別の職場へ移るのもいいでしょう。