病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > 医師転職 > 医師アルバイト > 医師求人 > 医師求人神経内科 > 小児科の医師求人

小児科の医師求人の項目

小児科の医師求人

小児科医師は他の診療科と比較してみてもとてもかなり大変です。子供は病気などになると大変な事になる事もあります。

まれに、重症化してしまうと後遺症などが残ってしまう事も考えられます。

また、親は自分の事ならまだしも子供の事になると少しでも後遺症などが残る事があれば、親からの強いクレームを受ける事もあります。

責任問題などにおいては小児科を扱うのはとても大変な事であるといえるでしょう。そのため小児科医師の中には医師転職を行なって別の働きやすい病院やまたは、別の診療科に医師転職をしてしまう事もあるみたいです。

小児科の医療はさらに医師が不足するという状況にあるみたいです。

医師求人の就業先のエリア

医師求人に応募をする時には、前もって就業先のエリアをしっかりと確認することが不可欠です。特に、交通の便の良い医療機関の魅力に関しては、多くの求職者からの注目が集まっており、通勤の負担を軽減するうえで、大きなチャンスとしてみなされています。

現在のところ、需要の高い医師求人のほとんどは、専門の転職サイトに掲載されることがあるため、収入額や仕事内容などに応じて、転職先を決めることが重要なポイントとして挙げられます。その他、人気の高いエリアの選び方について迷っていることがあれば、同世代の人から助言を受けることが良いでしょう。

医師求人、転職の記事

産業医転職を希望する場合の心構えについて

医師の中には、産業医転職を希望することがあります。医療機関や福祉施設などに勤務するのではなく、企業や団体などに組み込まれることになりますので、企業であれば、ひとりの社員としての処遇を受けることになります。

社内で発生した怪我や発病の処置、精神面でのカウンセリング、健康診断の実施など、業務内容は多岐に渡ります。

産業医転職のポイントは、組織全体に、健康の重要性を浸透させることに終始することになりますので、医療技能のみならず、あらゆる立場の人たちに対するコミュニケーション能力を磨いておく必要があります。

メニュー

呼吸器内科の医師募集

地域医療の充実を目的として新設される呼吸器内科の医師募集を行っている病院があります。

また、増築される呼吸器内科病棟の担当医も同時に募集している場合もあります。勤務シフトは医師や病院スタッフに無理がないようにする方針で、勤務時間とプライベート時間のメリハリはしっかりとしているところもあるようです。

また、検査設備や先進医療技術を積極的に導入し、医療技術の向上もできる職場で臨床経験を得ることが出来、医師会や研究セミナーなどに積極的に参加することを医師・医療スタッフに推奨しており、比較的臨床研究にも力を入れている病院もあります。こういった医師求人は、医師募集サイトなどにも掲載されています。

老健の医師を募集している病院を探すためにインターネットを活用すると便利です。インターネットの求人サイトを利用することで、老健の医師募集を効率よく探すことができます。

インターネットの求人サイトには、医師の求人を専門に扱っているところもあります。老健の求人を得意としている求人サイトを利用することで、希望に合った職場を見つけやすくなります。

コンサルタントによるサポートを受けることで希望に合った職場を紹して貰うことも可能です。また、コンサルタントに間に入って貰って、待遇などの条件を交渉して貰うことも可能です。

自分では言い出しにくいこともありますから、他人に間に入って貰うことでスムーズに就職活動を進めていくことが可能です。

医師求人は経営安定を見極めるのもポイント

医師求人情報を探す時は経営状態を見極めることが大切なポイントです。

病院といえども企業ですから、転職や就職を考えるときには経営不安のある病院は避けたいものです。ところが病院の場合は経営状態が外からは見えづらいという特徴があります。なぜなら土地など固定資産が多いために経営安定に見えても実情は経営が苦しいことが往々にしてあるからです。

病院の経営状態は医師求人情報を見ているだけでは判断できません。

経営状況が安定している病院に就職したいのなら、医療業界にネットワークを持ち、多くの情報を持っている就職コンサルタントに医師求人について相談してみるのが良いでしょう。

産業医の医師求人が増加している理由

なぜ最近では産業医の医師求人が増加しているのでしょうか?その訳は平成29年4月より今までよりも「産業医」としての基準がはっきり制定されたことによります。その基準に満たない人では兼任することができなくなってしまったため、きちんとした資格を持った医師が必要になったことが非常に大きな理由です。

またストレスによるうつ病の発症や、過剰労働による自殺などの職場が原因の心の病が問題になっていることから大企業になればなるほど徹底した環境を整えようとしている点も、産業医の医師求人が急増している理由の一つに挙げられます。カウンセリングの資格を持っている医師も多いようです。

医師求人における産業医の人気の理由とは

医師求人において、最近人気がある分野として注目を集めているのが産業医の分野です。

産業医の医師求人が人気の理由については多くの理由が考えられますが、条件面での優遇が大きな理由として挙げられます。医師の仕事においては、人命を扱う現場でありローテンションであっても、病院に所属している限りは24時間365日、気にしなければなりません。それに加えて医師不足も問題となっていますので、過酷な労働環境であるケースは数多く挙げられます。

そのような環境を経験した医師が、プライベートも充実させたいなどの希望を持ち産業医の医師求人から転職をするケースが数多くあるといわれています。

産業医の医師求人を受ける上で注意する点

産業医は1000人以上の企業に勤める場合には専属になりますので、その会社の社員として働く気持ちでいることが大切です。つまり医師求人でどのような企業の産業医として働くのかしっかりと選ぶ必要があります。

まずは募集要項がはっきりしている会社であることです。何人働いていて、どのような薬品を使用していて、どのようなことをして欲しいのかがしっかり記載されているような産業医の医師求人募集をしている所は安心です。

平成29年4月からしっかり制定されたようなこともあるので、医師求人内容がまだあいまいな会社も多く、そういった所ですと、自分の行わなければならない仕事もあいまいだったりするので、避けた方が無難です。