病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > 個人再生とは

項目

一体個人再生とはどの様なものか

負債額が多い人などの中には、一体個人再生とはどの様なものか気になっている人もいるかもしれません。個人再生とは債務整理と呼ばれる法的に借金を解決する際に行われる手続きの一つになります。

個人再生とは所有している不動産をそのまま維持しながら、解決できるというのが何よりのメリットと言えるでしょう。個人再生とは、まだ自己破産が必要ないと判断された場合に行われるみたいです。

しかし、個人再生とはかなり大きな金額の返済額を縮小する事になりますので、これが必要な人はかなり行き詰っているという事が予想されます。自分の努力次第で何とかできる部分については、最大限に支払いを無事にできる様に行動を起こして前向きにいきましょう。

個人再生と自己破産で迷ったらどうする?

大阪で個人再生をしようと思っているが、借金をゼロにできる自己破産のほうがいいと迷ったら、まずは弁護士や司法書士に相談をしてみることがおすすめです。相談だけなら初回無料というところもたくさんあります。

自己破産は借金をゼロにできるので、金銭的なメリットがあるというイメージを持っている人がいますが、実は資産をすべて失うので、資産を残せる個人再生のほうがメリットがあることもあります。個人再生には、マイホームを残せる、手続き中の職業制限がないといったメリットもあります。まずは相談をしてみて、プロのアドバイスを受けてから決めるのがよいでしょう。

個人再生の記事

個人再生は大幅に借金を減額できる債務整理

借金を減らすことができる債務整理には、任意整理と個人再生があります。どれだけ減らせるかについては、任意整理が利息や遅延損害金に限定されるのに対して、個人再生では利息や遅延損害金はもちろんのこと、元本にまで切り込んで減額することができます。

減額後の借金は、3年から5年にかけて分割して返済していきます。個人再生は、裁判所主導のもと手続きが進められていきます。

難解な提出書類の作成や、平日に裁判所に通う煩わしさを考えると、弁護士や司法書士に依頼することを推奨します。大阪のような大都市には債務整理を得意とした弁護士や司法書士がたくさんいるので、インターネット等で探してみるとよいでしょう。

個人再生は職業の制限がかからない?

自己破産をすると、弁護士、司法書士、行政書士、警備員など、一定の職業に就いている人は、手続き中はその職業に就けないという制限がかかります。

この制限がかかるのは、自己破産の手続き中だけであり、それほど長い期間ではないのですが、大きな支障が出るという人も中にはおり、個人再生を選択する人もいます。個人再生では、このようなデメリットはありません。

個人再生のもう1つのメリットとして、マイホームなどの資産は残せるということがあります。自動車についてはローンが残っていると没収されてしまう可能性が高いですが、マイホームについては住宅ローンが残っていても保有を続けることができます。

大阪にはたくさんの債務整理の相談先がありますので、まずは相談をしてみて、プロのアドバイスを受けてみましょう。

メニュー

個人再生と流れの把握

個人再生をしたいと考えた場合、まず流れを把握しておく事がおすすめです。手続きをすればすぐに減額をして貰えるのではないかと考える人もいるでしょう。ですが、減額後の借金を無理なく返済する能力があるか試す期間が設けられる等、減額が決定するまで、意外と長い期間が必要になります。

ですから、個人再生を行いたいと考えたら、必要な手続きやかかる期間等についてもしっかりと意識しておく事が大切です。ただ、個人再生手続きを始めてから減額が決定するまでの期間は、業者からの取り立て等も止まる為、落ち着いて過ごす事が出来るようになっています。

個人再生と債務者本人と周りへの影響

借金の返済が難しくなった時に出来る債務整理法のひとつに、個人再生があります。借入金に応じて借金を減額して貰う事が出来る債務整理法ですが、注意をしておかなければいけないのが連帯保証人の存在です。

連帯保証人がいなければ問題はありませんが、いる場合、債務者本人は個人再生によって借金を減額して貰う事は出来ても、連帯保証人は減額されないどころか、その借金の返済を迫られる事になります。

一括請求される事もあれば、分割が認められる事もありますが、どちらにせよ連帯保証人には迷惑がかかる事になります。個人再生を行う際には、こうした事も覚えておく事が大切です。

多重債務に困った時の債務整理、個人再生

債務整理のための方法は複数存在しており、多重債務への解決に繋がります。大阪を中心に多くの都市にある専門機関に相談することで、具体的にどのように手順を進めれば良いのかアドバイスを受けられます。

簡易裁判による調停委員の協力を得た上で債権者との話し合いを進める特定調停、債権者との相談によって借金問題を見直す任意整理、さらには裁判所に申し立てをして免除してもらう個人再生、最終手段としての自己破産など、解決方法は多岐に渡ります。解決への近道を見つけ出すには。正しい知識を持つ司法書士、弁護士と、自分に合った方法を探しながら選ぶことが重要です。自己破産を避けることもできるかもしれません。

債務整理、個人再生によって多重債務に悩まない

借金問題に苦しむ場合、大阪を中心に各地で存在する弁護士、司法書士に相談することで、どのように手順を進めれば良いのか具体的にアドバイスを受けられます。多重債務を解決るる方法として、債務整理を行うことができます。

債権者と相談をすることで複数の借金を見直す任意整理、調停委員と協力して簡易裁判を行い債権者と話し合いをする特定調停、裁判所へ申し立てをし借金を免除してもらう個人再生、最終的な方法としての自己破産など、解決方法は多数あります。弁護士、認定司法書士の判断も客観的に取り入れながら、より自分に適した解決策を見出したいものです。

多重債務における個人再生、債務整理

複数の借入先から負債を追い、そのまま積み重なっていく借金の問題を多重債務といいます。問題解決させるには、債務整理のための方法が複数あります。大阪の弁護士、司法書士事務所に相談することで、解決方法に関わる具体的にアドバイスを受けることができます。

債権者との相談によって借金問題を見直す任意整理、簡易裁判による調停委員の協力を得た上で債権者との話し合いを進める特定調停、裁判所に申し立てをして免除してもらう個人再生、最終手段としての自己破産など、様々な方法に分かれます。自分に合った方法を探し出すことが重要です。