病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > お香 > お線香 > いい香りが好きならお香がおすすめ

項目

いい香りが好きならお香がおすすめ

最近では、見た目だけではなく香りにこだわる人も多い様ですね。

香水を付ける人は多いですが、衣服の洗濯に使用する柔軟剤の香りのバリエーションも多く、またルームフレグランスなども充実しています。

他にも車やお手洗いなどの芳香剤もあります。また、お店の中にもいい香りがする事もあります。人によって香りというのは好みがあります。いい香りと感じる人が一方で気分が悪くなると感じる人もいるみたいですね。

自然の香木を使用したお香は、きっとたくさんの人に愛される香りではないでしょうか。

いい香木を使用しているお香というのは、かなり高額で売られている様ですが、きっといい香りがする事でしょう。

お香、お線香の記事

白檀はふくよかで優しい香りのお香です

爽やかで甘い感じの芳香を放つ白檀は、心身をリラックスさせ心を落ち着かせる効果があり、日本人にはなじみ深いお香です。お茶の世界では夏の風炉の時期にはこのお香をたいて茶室を清めると同時に、連客が心静かにお茶を楽しむことのできる場と雰囲気をつくりだしています。

香木の一種である白檀はインドや東南アジア等で産出する半寄生の熱帯性常緑樹で、生育環境上、年々入手が難しくなっており、インド政府により伐採制限・輸出規制が掛けられています。

濃い色をし香りの強い芯の部分を香木として利用します。香木としてそのまま用いられるだけでなく、蒸留して取られるオイル分には殺菌作用等があるとして薬用等にも、あるいはふくよかで優しい香りの香水や化粧品の素材としてもよく使われています。さらに、熱を加えなくても十分に芳香を放つため、仏像彫刻や扇子等にも使われています。

メニュー

女性のストレスを癒してくれお香

部屋の香りにこだわる人もいれば、無頓着な人もいるでしょう。でも、実はお香を焚くことで、女性特有のストレスが和らぐことがあります。

どうしても月のものの前には体や気分に変調がでるという女性がほとんどでしょう。お香は、リラックス効果があることもさることながら、集中力も高めてくれます。部屋ではリラックス効果の高いものを使うことをおすすめしますが、仕事に行く前に香水などを活用すると、月経中でも集中力を高めてくれるものがあります。

また、嗅覚の記憶は、五感の中でもっとも記憶力が高いとも言われるので、同じ香りを嗅ぐと記憶が蘇りやすくなる傾向にあります。お香の香りを味方につけて、仕事もプライベートも充実したものにしましょう。

お香の種類や用途について

お香の定番と言えば、お線香です。室内線香、仏事線香など、目的によって色んな種類や長さがあります。短時間で香りを得られる円錐型や、燃える時間が長く、広いお部屋に適した渦巻型の形がそうです。

火を使わない匂い袋もあり、部屋に飾ったり、衣裳のアクセサリーとしても楽しめます。お寺などで使われる専門的なお香もあります。例えば、お寺で法要を行う時に使われる焼香(しょうこう)は、よく知られています。他にも、長尺(ちょうじゃく)線香は、お経を唱えたり、坐禅を組んだりする時間を、線香一本が燃え尽きるまでと決め、時間を計る為に用います。

様々なお香の魅力に迫る

お香に関しては、本来、伽羅や沈香や白檀などの天然香木のことを言いますが、昨今では、それをもとに作られた選考のようなものを総称しています。また、本物の香木から抽出したものだけでなく、柑橘系などのものも存在しています。

和のアロマとも言われるほど定着していて、リラクゼーション効果を求めてたいている人も多いです。元は、着物などに焚き染めることが多く、虫よけや臭い消しなどの役割も果たしていました。最近では、アロマオイルなどに使用されるようなものの香りも主流となっていて、様々な人が様々な用途で使用していて、お香は人気が高まっています。

お香がもたらす効果と効能

お香は古くから日本で親しまれてきました。最近ではアロマオイルとともに、癒しやストレス解消など注目を集めています。お香の香りをかぐと、自律神経やホルモンの分泌が整えられ、心身ともに落ち着きリラックスすることができ、ストレス解消の効果があります。

また、心身を徐々にリラックスさせることで、副交感神経が優位となり、睡眠の質が良くなり疲労回復にも有効です。リラックスすることで心身の緊張や疲労がほぐれて、気分がリフレッシュします。イライラやモヤモヤした気分がすっきりして、記憶力や集中力の向上にも効果が期待できます。