病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > 医師転職 > 最適な医師転職

目次

最適な医師転職

医師は様々なところで必要とされている仕事でもあります。人の命に直接的に関わってくるので、責任も求められる仕事でもあります。

最近では医師転職をして保健所でも仕事をすることがあります。健康指導を行うなど予防医学に関係することがあるのです。

医師転職の中でも保健所で仕事をするというのは、特異なことなのかもしれません。しかし予防医学というのもとても大切なことなのです。保健師だけでは十分な知識が得られないということもあるので、医師の力を借りるということにもなります。

中々求人情報も出にくいのですが、予防に関わりたいと思っている医師には最適な医師転職先ではないでしょうか。

医師転職を問題なく進めたい時に

医師転職に関する情報は、インターネットで手軽に入手することができます。人材派遣会社などによって募集がでているウェブページなどでは、医療施設ごとに異なる業務内容や取り扱い科目だけでなく、勤務時間帯や勤務地など、自分が希望する条件に合わせて選ぶこともできます。

医師転職の求人内容が掲載されていることはもちろん、応募に関するサポート業務も取り扱われているなど様々な特徴が見られます。さらに、履歴書など応募に関する必要書類の準備や、面談に向けての対策など、専門家による充実したアドバイスが無料で受けられることもあります。

医師転職活動についての記事

医師転職での勤務条件の交渉

病院での勤務と言っても、医師転職先によっては働く状況は全く違ってきてしまいます。
夜勤の回数も違えば、診療時間なども違ってきますので、あらかじめ勤務形態をしっかりと調べたうえで、本当にその病院で働きたいのかをしっかりと見極めましょう。

また、病院によっては面接時に医者の希望をある程度聞いてくれるといった病院もあれば、しっかりとシフトを組まれており、医師転職交渉の余地がない病院もあります。

このように、病院によって様々です。

また、実際に医師転職し勤務してから、色々と条件提示が入る可能性もあります。
そうしたことにも対応が可能なのかどうかについても、ある程度は譲れるラインをあらかじめ伝えておくことにより、勤務後もよりスムーズに仕事ができるでしょう。

メニュー

医師転職で入院患者がいる病院で働く長所と短所

医師転職で入院患者がいる病院で働くと、やりがいを感じる、仕事しやすいなどの長所があります。入院患者の健康を守ることにもつながることから、次第にやりがいを感じるようになるはずです。また、慣れてくれば患者の治療方法が頭に入ってくるので、仕事をしやすいと考えるようになります。

短所は医師転職で採用された病院の規模が小さい時は、高給が期待できないことです。毎日訪れる患者の数もそれほど多くないので、残業がある日もそれほど多くないはずです。ただ、夜勤か当直がある日は時給が3割ほど上昇するため、給与面で期待して良いです。

時間外勤務が少ない職場に医師転職

基本的に医師の仕事は勤務時間が長く残業や夜勤が多いという事で知られています。体力の面で厳しいという人の中には、時間外勤務が少ない職場に医師転職する人もいます。しかし、最初から時間外勤務が少ない職場を選ぶと力が身に付かないなどという事も考えられます。

ある程度経験を積んだ上で医師転職をするのもいいでしょう。若い人は医師転職をして、ハードな職場で頑張りたいと考える人もいます。年配の医師などの中には医師転職で、夜勤が少ないまたはない職場を選ぶ事もあります。自分自身が選ぶ医師転職先によって、仕事の内容や働く時間などは大きく異なります。仕事を問題なく継続できるという事は大事です。

医師転職を紹介してもらう上で気を付けること

医師転職を探す中で、一番スムーズなのは他の病院で働いている人に、そこの病院の募集を紹介してもらうことです。どういった仕事環境なのか確認しやすいですし、新しい環境でも知った顔があれば働きやすいです。

しかし一つだけ気を付けていただきたいことがあります。それは知り合い上に契約ないようや、書類等が適当になってしまわないようにすることです。特に給与や働き方などの契約については、知り合いが働いているからといって説明を受けないのではなく、自分できちんと話を聞かなければダメです。もし自分が思ってもみない条件だった時に「知らなかった」では通りません。

地域医療を守る~勤務医の現状~

養父市ケーブルテレビジョンによる公立八鹿病院の動画。

公開日:2009/05/14

働きビト 離島のお医者さん 西表西部診療所 内藤祥先生

西表西部診療所内藤祥先生の紹介です。

公開日:2009/10/05