病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > 医師転職 > 当直系医師バイトのメリットとは?

明確な医師転職条件

勤務希望条件をしっかり伝える医師転職
医師転職の場合、以前は医局などからの紹介が多かったようですが、現在は医師専門の転職を扱う業者も多くなっています。

そういったことも踏まえて、いざ、面接に行って見ると紹介内容と違う業務形態を言い渡されると行ったことも少なくなってきています。

その反面、応募の際にしっかりと自分の勤務希望条件などをしっかりと伝え、その条件に満たした病院を探すことが必要です。

エージェントなどを利用して、医師転職を行うのであれば、あらかじめ明確な医師転職条件を提示しておけば、ある程度しっかりとマッチングを行ってもらえるので、安心といえるのかも知れません。

医師転職活動についての記事

職場環境を重視した医師転職のテクニック

病院の勤務医がより良い条件で働きたいときに便利なのは、医師転職サイトのコンサルタントのアドバイスです。希望する条件を詳細にコンサルタントに伝えることが、職場環境に恵まれた医師転職情報を紹介してもらうための基本です。

特に人気があるのは日勤限定の仕事や外来の仕事ですが、コンサルタントを通じて良い条件を引き出すことも、仕事選びのポイントです。働きやすい環境を重視する一方で、転職によって年収を100万円以上増やすのが理想的です。グループ系の病院に注目することで、より一層恵まれた雇用条件の仕事を選ぶことができます。

短期バイトで勤務可能な病院へ医師転職

医師転職で短期バイトで勤務可能な病院には、地域の大きな病院、脳神経外科の病院などがあります。

地域の大きな病院への医師転職は主に夜勤専門の医師として働くことになります。救急車の受付先となっていることから、患者が来たときは忙しく働くことになります。救急車が来ない時は、読書などをして過ごせますが、いつ急患が来るかわからないため気を抜けないのが特徴です。

脳神経外科へ医師転職するには、病院内で採用募集していることがあるので、受付に話を聞いてみてはいかがでしょうか。採用するのは主に正月や五月の連休時で、脳に強みを持つ病院なため、訪れるのは脳梗塞などの患者が多いようです。

メニュー

外資系企業へ医師転職

製薬会社や保険会社などの中には、国内企業ばかりではなくて外資系企業もあります。そのため、医師が外資系企業へ医師転職する事もあります。外資系企業へ医師転職すると、病院とは働く際の条件が多いに異なる事もあります。

一般企業へと医師転職する医師は少なくなく、最近では人気がある様です。また、産業医になるために医師転職をする人もいます。近年では医師転職をすると言っても、他の病院へと移るばかりではなくて、一般企業を選ぶ事もできます。しかし、勤務先によって得られる経験というのは大きく違ってきますので、いろんな事を事前に考えておかないと、失敗してしまう恐れもあります。慎重に進めましょう。

医師転職に至る理由とは

医師の転職活動においても、自分らしい働き方を希望する医師が増えています。近年、医療現場では人員不足が問題視されていて、医師一人あたりに対する仕事量や、鳴り止まないオンコールなどが原因で、激務になる問題が浮き彫りになってきています。その他にも医師転職を考える動機の理由に、ライフスタイルの変化があります。

主には女医さんに見られますが、医師と結婚する人が多い為、結婚と育児を両立するのが難しいのが現状です。せっかく身につけた技術ですので、自分にあった働き方を深く考え、病院の募集を見極めていく事が医師転職成功の一歩となります。

医師転職を探す時には様々な条件を

医師転職を探す際に、「この条件がないから今の職場を変えたい」という人がほとんどだと思います。しかし転職先を探す際に一つの条件だけにとらわれてしまっては中々新しい、自分の希望通りの職場を探す事は困難です。

特に一度頭から切り離した方がいいのが「高収入である」といいう条件です。こちらは誰もが高ければ高い方が嬉しいという条件ですが、この基準もあいまいですし、高いお金が欲しいと言う人を病院側でも積極的に雇おう考えません。自分が絶対に外せないという条件をいくつか絞りだして、どれかにあてはまるのであればひとまず受けてみるという考えにしてみてはいかがでしょうか?