病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > 医師転職 > 医師転職の求人

目次

医師転職の求人

最近では年功序列制度も崩壊しつつあり、生涯同じ会社で働き続けるメリットも薄れつつあるようだ。

その事が影響しているのか、特に若い人の間で転職する人が増えている。

また、その働き方も正社員だけではなく、アルバイトや、派遣社員、契約社員など、ありとあらゆる形態が存在する。

そのため、目的や生活に合わせて働き方を選択する事ができる。

最近では医師転職という言葉もよく聞く。

医療業界においても転職する人も多いようだ。そうした背景も手伝ってか、医師転職の求人が掲載されたサイトも充実しているようだ。

医師や看護師のお仕事は激務となる事も多いため、働き方を選択できるというのは非常に大きなメリットとなるだろう。

医師転職活動についての記事

内視鏡医師の医師転職は良いです

内視鏡を取り扱う医師転職はかなり条件が良いです。内視鏡の検査はかなり神経を使う仕事で、その分医師は疲れます。そのため他の医師転職よりも年俸は良い傾向にあります。医療法人にもよりますが、難易度が高い治療をした場合には特別手当が出る場合もあります。

こちらの医師は学会に出席する場合があります。旅費やホテル代を支給されるのはもちろんですが、医療法人によっては食費まで全額支給される場合もあります。医療法人によっては職員旅行があります。旅費は全額医療法人が負担する場合もあります。他のスタッフと交流できます。

今年に医師転職する前に行うべきこと

今年に医師転職する前に、今現在勤めている病院へその旨を話さないといけません。

理由としては、急に医師転職をして病院を立ち去れば、残された患者や看護師達に迷惑がかかるからです。まず、上司に話を伝えて、次に同じ部署で働く看護師達に話を聞いてもらいます。お昼を摂る際に、一緒に食事を摂りながら話すと伝えやすいのではないでしょうか。

納得してもらえたら、自身が受け持っている患者達に1人ずつ話をしていきます。後に引き継ぐ医師の名前を教えると、患者達も安心してくれます。これらをすべて終えたら、病院を離れる医師転職の準備が整ったことになります。

メニュー

土日が休みの職場へと医師転職

一般的な仕事では土日が休みというのは当たり前の様に感じている人もいる様ですが、医師の仕事においてはそうではありません。土日が休みの職場へと医師転職する事を希望する人もいます。医師転職先によって出勤状況は異なります。

土日が休みの職場へと医師転職するという事ばかりではなく、夜勤の有無や週に何日出勤するのかという事も医師転職において大事な条件となる事が予想されます。家族の都合などを考慮しないといけない場合には、医師転職の時に勤務の頻度や曜日、もしくは時間帯の項目に目を通す様にしましょう。少し程度であれば、話をする事によって、自分の希望を聞き入れていただけるという事もあります。

医師転職を行うための知識とは

医師転職を考えた場合、インターネットなどをうまく活用することで様々な募集の情報を取り入れることが可能となります。

テーマ別に分けられた求人特集や転職市場における動向、さらに医師転職成功の事例なども閲覧することができます。また、高い年収や、残業が少なめであることなどの希望条件に応じた求人内容を探し出すこともできる他、応募までの流れや履歴書の書き方などについてもアドバイスを受けることができます。

徹底されたサポートは無料で受けられる場合も多く、医療業界に特化した特徴を知れると共に、医師転職を希望する方にとって心強い味方となるでしょう。

医師転職において合わないエージェントがいるかもしれない

物事にはメリットがあれば、当然デメリットもあります。医師転職においてエージェントを使用するということにも余分な手続きを省くことができるというメリットがありますが、当然いくつかデメリットも存在します。その内の一つが、担当の人との相性によって自分の今後が多いく左右されることがあるということです。

キャリア相談や、自分自身について相談にものってくれますが、医師転職エージェントの人からもらったアドバイスが必ずしも自分にそのまま合うとは限りません。お互い人間ですので、合う人合わない人がいます。もしかしたら自分の考えとは合わない担当の人に当たるかもしれないということを忘れずにいることが大切です。

地域に根ざした医療

自治医科大学医学部の紹介動画。

公開日:2012/08/03

「大往生の島」目指す医師の挑戦

「大往生の島」目指す医師の挑戦 報道ステーション2014年 3月 18日放送

公開日:2018/01/17