病院によって勤務条件にばらつきがありますので、漠然とした条件ではなく、明確な希望を提示し希望に添った転職を行いましょう。

TOP > お線香 > お香の使い方

お香の使い方

お香の使い方は簡単です。

お香をお香立てにセットします。この時にしっかりとセットしておかないと、お香の先端が折れて机の上などに落下すると火災の原因にもなりますので、そうならない様に注意しましょう。

そして、お香をしっかりと安定して立たせる事ができれば、次はお香の先端部分に火を付けます。そうすると炎が残りますので、その炎を手などをふって消します。

炎は見えなくてもお香は燃えています。放置しておくと、お香は少しだけ残って火が消え煙が立ちます。火が消えても熱いですので、直接触れない様にしましょう。

お香の香りの種類はさまざまですので、気分によって楽しんでみてはいかがでしょうか。

お香、お線香の記事

安全に利用するお線香

火の不始末は、火が燃え広がり火事へと発展してしまう事もあります。

そのため、タバコや線香など室内で火を使う事が多い物の扱いには十分に気をつけないといけません。

タバコやお線香は最初使う時だけではなく、消し忘れや灰が周りに飛び散ったりしていないかも注意したい所ですね。

また、使用中もめを離さない様にしましょう。

そして、できるだけ片付いた部屋で使う様にするといいでしょう。火の扱いは基本的な事をしっかりと行っておくと守ると安全に利用する事ができます。

メニュー

お香がもつリラックス効果

お香には脳に働きかける力があり、人の行動でさえもお香の力でかえられると言われています。近年では匂いについての研究が進み、身体に対して様々な影響を与える効果があると科学的にも実証されています。

お香の持つ効果として代表なものが、リラックス効果です。匂いが脳内のエンドルフィンなどの物質を分泌することで、ヒーリング効果が発生するのです。ヒーリング効果が発生するとアドレナリンの分泌が抑えられ、興奮を鎮め、リラックス効果を得ることができます。

その他にも、集中力を高めたり、作業の効率をあげたりするなど効果もあり、お香は様々な良い影響を与えてくれます。

普段から取り入れられているお香

匂い消しやインテリアとしてお香が広く取り扱われており、国内外を問わず、伝統的に用いられているものも多く存在しています。特に海外では、宗教に基づくものとして使用されている歴史も存在しており、より多くの興味を持つ方が増えていることも現状として見受けられます。

近年では、街中のインテリアショップなどでも取り扱われていることが多く、より気軽に日常生活へ取り入れることができるようにもなっています。

さらに、形状や香りなど、種類も豊富で、様々な選択肢の中から、自分の好みや用途に合わせたお香の選び方をすることが可能です。

お香の使用目的や効果、効能について

国内外問わず、昔からの伝統的な習慣や、宗教における概念として幅広く取り入れられているお香は、現在でも様子を変えることなく使われているものが存在しています。

さらに、新たな種類のものとして、様々な香りが取り入れられて匂い消しになったり、部屋のインテリアとして飾られたり、さらに蚊取り線香のような効能を持つものが増えてきたりしています。それぞれの目的や用途に応じた利用方法が増えると同時に、日頃の生活にも手軽に取り入れられるようになっています。インテリアショップなど、カジュアルな場所でも手に入れることが可能です。

最近流行しているお香

最近になって、再びお香の人気が取り沙汰されるようになりました。非常に歴史の古いものでありますので、年齢を重ねた人から見れば意外に思うかも知れません。若い世代にとって、エキゾチックでありお洒落な物として使用している人を多く見かけます。良い習慣は時代を超えて再び流行する傾向にあるようです。

お香を購入したいようであれば、アジアン雑貨などを置いているお店に行けば間違いなく、購入することができますし、最近では専門としているお店を見かけたりもします。良い習慣になりますので、次の世代につなげていくといいでしょう。